背中の固さと不眠についての関係

皆さんは睡眠は十分にとれてますか?

ぐっすり眠れていますでしょうか?

寝付きが悪かったり、
寝たはずなのに全然スッキリしない。。

むしろ寝た気がしない。

そういった【不眠】の症状は背中まわりの硬さと深く関係してると思います。

これは私が十数年、
様々なお客様の症状を見てきた結果なのですが、

睡眠の質が低い方は、ほとんどの場合背中が硬いです。

【背中の硬さ】 とは
背骨の硬さと、
背中の筋肉の硬さです。

日頃の姿勢からくるゆがみが原因となっているのか、
その人その人によって様々なのですが、

弾力の無くなってる背中に【動き】がついてくると、
睡眠の質が良くなる方が多いです。

背中の筋肉がバラバラに動けるように、
そして硬く弾力の無くなってる背骨も緩ませていきます。

背中の硬さが不眠に影響を及ぼしてることはありますので、

もし悩んでいる方がいましたら、
一度チェックすることをお勧めします。

背中が緩むことによってリラックス状態を作ることができます。

そのあたりは【交感神経】と【副交感神経】の話になってきますので、
次回、詳しく書きたいと思います。

関連記事

PAGE TOP